ホーム
製品情報
もっと詳しく知る
評価版ダウンロード
会社情報
お問い合わせ
 


Webアプリの機能テストツールです。主にサーバサイドのロジックのテストを行うことが可能です。
Ajax開発で、サーバサイドのEJBの単体テストにも有効です。

  • 導入実績 (証券システム、勤怠管理システムなど)
  • パンフレット
  •   
  • 機能詳細(Seleniumとの連携)



  • Q1.サーバ側の開発言語の制約はありますか

    基本的なWebアプリ開発のPerl,Java,PHPその他 なんでも動作します。Ajaxの通信もテスト可能です。

    Q2.Satsumasを利用した場合のメリットはなんですか

    以下の3つの課題に対して有効です。

      1.面倒で手間のかかる入力項目の全バリエーションのテストが楽にならないか

     入力項目の仕様、例えば入力必須であるとか半角英数のみなどを指定したExcelシートから読み込み、面倒で手間のかかる入力項目の全バリエーションのテストを自動で生成してテストを実行します。 他のテストツールには無い当ツールだけのオリジナルの機能です。
       日本語の2バイトコードの入力テストに有効です。

       また、クロスサイトやSQLインジェクションなど入力項目を狙った攻撃に対してプログラムで無効化(サニタイジング)するなど有効な対策が施されているか全入力項目についてテストする場合に有効です。

      2.プログラムを変更した場合、効率よく回帰テストを実行する方法はないか

    修正した画面からその画面を通過するテストケースを抽出する機能があります。

     画面単体のテストケースと複数画面を遷移するテストケースの関係の情報を内部に保持しているので、修正に対して必要最小のテストケースを抽出してテストを実行できます。

     回帰テストの時間と手間を節約できます。 また、仕様変更や機能修正などにより、画面の入力項目の増減や表示する文言の変更など、  テストケースの内容の修正が簡単に行えるようにテストケースの情報管理はExcelシート上で修正ができます。

      3.テストツール自体の導入コストとツールの学習期間は短くならないか

    年間ライセンス15万円です。直感的に操作が行えるように開発しました。

       固定PCの利用の場合、年間ライセンス15万円です。一人のSEに月1万2千円のコストプラスするだけで担当者の開発するプログラムの品質向上できます。

    もっと詳しく知る・・・・


    ダウンロードページへ・・・


 
Top